« 神想観 | トップページ | ミラーニューロン »

2010年4月27日 (火)

最近の気候

最近の気候は急に冬のように寒くなったり、夏のように暑くなったりして異常に思われます。           生長の家総裁 谷口雅宣先生は4月24日のブログに次のように書かれています。『生長の家の日時計主義は、自然界の美しい面、心地良い面、おいしい面などのいわゆる“光明面”を見ることはもちろんですが、そうでないいわゆる“暗黒面”と遭遇した際も、その現象の奥にある、神様の“声なき声”“観世音菩薩の教え”を聴くことが大切だということです。そのような“教え”を感得すれば、その契機となった“暗い現象”は、きっと“明るい啓示”に変化します。しかし、そういう“教え”は、誰でも簡単に聴けるわけではない。自分の立場に固執して他を無視していたり、自分の利益だけを考えている人には、きっと“悪”しか見えてこない。輝子先生は、この“教え”を得るためにはどうすればいいかを、簡潔に書いておられます。---「心を澄ましていたら神の声が聞こえるのである。神の言葉は、天地すべてのものから聞こえてくる」(谷口輝子先生ご著書 こころの安らぎp16)』

最近は気候も異常ですが、地震も多発し、アイスランドの火山も噴火しました。吾々はこのご文章に書かれてありますように現象の奥にある神様の“声なき声”を心を澄まして聴くことができるように日々精進をしていかなければと切に思います。

写真はわが家の庭の花です。

220427_008

220427_013_2

« 神想観 | トップページ | ミラーニューロン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

フォト
無料ブログはココログ