« 恐怖心を人生より駆逐すべき道 | トップページ | 祖先に感謝、父母に感謝 »

2010年6月27日 (日)

日時計主義

生長の家創始者 谷口雅春先生はご著書「人生読本」18~19頁に次のようにお説き下さっています。【光のある所に暗い所はありません。私達の心は暗いことを知らないはずなのです。暗いこととは何でしょう。それは、「あれが悪い、これが悪い」と悪い所を見つける心を言うのです。太陽を見ると心が明るくなりましょう。曇った空を見ると心が暗くなりましょう。それと同じく人の善い所を見れば自分の心が明るくなり、人の悪い所を見れば心が暗くなります。皆さん、これから「あれが悪い、これが悪い」と見つけないで、そのかわり人の「善い所」ばかりを見つけるようにしましょう。それが、あなたを太陽のように明るくし、健康にするのです。】・・・・・「今日はこんないいことがあった。」「こんな美しいものを見た。」「こんな素晴らしい人に会った。」「こんな善いことをした。」等、その日にあった「明るい出来事」のみを記録する『日時計日記』は私達の心を太陽のように明るくすることが出来ます。

写真は我が家に咲いた紫陽花の花です。

220609_044

220609_039

« 恐怖心を人生より駆逐すべき道 | トップページ | 祖先に感謝、父母に感謝 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

フォト
無料ブログはココログ