« 日時計主義 | トップページ | 物質は無い »

2010年7月11日 (日)

祖先に感謝、父母に感謝

 「いのちの環vol4」の24頁には生長の家創始者・谷口雅春先生のご著書「美と健康の創造」から抜粋された次のような文章が掲載されています。【(前略)人間が今日あるのも、ただひとり、自分の力で此処に生まれ出ているのではない。花には、幹があり、根があるように、人間には父母があり、祖先があり、祖先のもとには神様があり、その神様のいのちが自分に通うていて人間は生きているのです。ですから神様に感謝しなければならぬ。祖先に感謝しなければならぬ。父母に感謝しなければならぬ。・・・(後略)】

 神に感謝、祖先に感謝、父母に感謝できる人は幸福な人生を歩むことができると思います。善のほかに悪を創る神があるという考え方、悪い祖先がいた、父母のあそこが悪い、ここが悪いと思っていると感謝はできません。神様が創造された善一元の世界を常に観るように致しましょう。そこには悪い祖先もなく、悪い父母も無く、悪い兄弟も無く、悪い子供も無く、大調和の善のみ、光明のみの世界が実在しています。

 お盆には故人を偲び、お墓参りや、先祖供養を致しましょう。

 我が家の紫陽花の花が、さらに青く綺麗に咲いたので写しました。

220609_068

220609_057

« 日時計主義 | トップページ | 物質は無い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

フォト
無料ブログはココログ