« 先祖供養祭 | トップページ | あかるくたのしい気持ち »

2011年10月14日 (金)

神と偕に生きる

 地震や災害のニュースを見ると、自分の生活圏にも起こるのではないかと恐怖心が起こる。ヨーロッパの財政危機や円高のニュースをみれば、この先、日本の景気はどうなるだろうかと不安になる。また、家庭の中では親子の葛藤、夫婦の葛藤、嫁・姑の葛藤で悩んでいる人も多い。また、職場や地域の人間関係で苦しんでいる人も多い。このようなストレスで病気になる人もいる。こんなストレスが溜る時代に問題を自分一人の我の力で解決しようと思っても無理だ。二人で解決しよう。もう一人は自分の中にある全知全能、絶対の愛の神だ。いつもこの神と偕に生きよう。生長の家創始者谷口雅春先生ご著書「生活の知恵365章」には次のように説かれている。・・・「宇宙の一切の天体が神によって作られ、地上の一切の鉱物、植物、動物を含む資源が神によって造られたことを思い出して御覧なさい。そして、この天地創造のお力が、依然として神の内にあることを考えるならば、神はあなたの、どんな難問題をも解決し、どんな大破壊をも修復して、以前にもまして豊かなる世界を創造するお力を有し給うことがわかる筈である。(中略)常に機会ある毎に、この偉大なる神の力が自己と偕にある事を念ずるようにして、その真理を潜在意識に浸潤するようにしなければならない。」・・・神は知恵であり、絶対の愛である。常に、この神と離れないようにしよう。神と偕に生きるならば、いかなる恐怖も、不安も、ストレスも太陽に照らされた霜のごとく消えて行くであろう。

(写真は宍道湖の夕日です。)

Dscn0129

Dscn0153

« 先祖供養祭 | トップページ | あかるくたのしい気持ち »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1354231/42507667

この記事へのトラックバック一覧です: 神と偕に生きる:

« 先祖供養祭 | トップページ | あかるくたのしい気持ち »

フォト
無料ブログはココログ