« 自然の力 | トップページ | ムスビの力 »

2013年11月11日 (月)

農業を支援する

生長の家総裁 谷口雅宣先生のブログを拝読しましょう。

http://www.masanobutaniguchi.com/

生長の家白鳩会総裁 谷口純子先生のブログを拝読しましょう。

http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/

 いのちの環No44(平成25年11月号)の特集は“すべてを生かし合う農業”で、生物多様性を守る米作りや有機栽培で生物多様性を守りながら野菜や果物を作っておられる方のルポタージュが載っていて、農業について改めて考えさせられた。私の住んでいる町も以前は田んぼや畑がある長閑な町だったが、近年は田んぼは埋められ、山は削られて、宅地造成が進み、新築の住宅が立ち並ぶ街並みに変貌した。子供のころは、川にはフナやドジョウをはじめ多くの生き物がいて、よく川遊びをした。また、山にはアケビや栗等が豊富にあり、山歩きもよくしたものだが、最近はそのようなことはできなくなった。けれども、幸いなことに我が家から2kmほど西へ行くと広々とした田園風景が広がっている。そこには近くの農家で作られた新鮮な野菜や果物、花等を直売する小さなプレハブの建物がある。特別変わったものは無いが、旬の野菜や果物が豊富に並べてある。農薬はあまり使われていないとのことで、新鮮な上に安価でおいしい。早めに買いに行かないと夕方には売り切れるものもある。わが家では最近、なるべく野菜や果物はこの直売所から買うことにしている。マーケットに売れているものは外国産や他県産のものがたくさんあるので、フード・マイレージを考えれば当然のことだ。今年も自然災害が多発した。今日のニュースでは台風30号によるフィリピンの被災者は970万人、死亡者は1万人を超える見込みだと報じられた。島根県でも今夏は江津や津和野で豪雨による大きな被害が出て、地球温暖化の加速が直に感じられる事態になった。肉食をはじめ人間の食生活が地球温暖化を加速させている大きな原因だ。私たち気が付いた者から温暖化ガスを排出しない食生活に改めていくことが地球温暖化抑制に繋がる。いのちの環に掲載されたような農業を営む人がこれから多くなることを期待するとともに、このような有機栽培農家を応援するためにも、そこで作られた作物を買ったり、多くの人に紹介をして行きたいと思う。

(写真は宍道湖の朝もやの中に浮かぶ一艘のシジミ船です。)

Dscn3330

« 自然の力 | トップページ | ムスビの力 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1354231/53904509

この記事へのトラックバック一覧です: 農業を支援する:

« 自然の力 | トップページ | ムスビの力 »

フォト
無料ブログはココログ