« 住めば都 | トップページ

2015年9月30日 (水)

ローマ教皇の訪米

 生長の家総裁 谷口雅宣先生のブログを拝読致しましょう
 http://www.masanobutaniguchi.com/
  生長の家白鳩会総裁 谷口純子先生のブログを拝読致しましょう
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
フランシスコ・ローマ教皇は9月22日から6日間の日程で米国を初訪問し、各地で熱狂的な歓迎を受けられた。ニュースでは次のように伝えている。<ワシントン、ニューヨークと続いた教皇の訪問先では、どこでも群衆が沿道を埋め尽くし、CNNテレビなどは連日、生中継で一挙手一投足を伝えた。日程が重なった中国の周近平国家主席の訪米も、すっかりかすんだ。22日にはオバマ大統領の出迎えを受け、24日にはローマ教皇として初めて米上下両院合同会議で演説した。異例の厚遇の背景には、教皇が人権や環境などの現実問題に積極的に取り組む姿勢や、米国とキューバの国交回復で仲介役を務めるなど、国際社会で存在感が高まる中、米国内でもカトリック教会の枠を超えて支持が広がっていることがあるようだ。また、25日にはニューヨークの米中枢同時テロ跡地を訪問し、犠牲者三千人に祈りをささげた。この後、「9.11記念博物館」でキリスト教や仏教、イスラム教、ユダヤ教など各宗教の指導者らを含む700人を前に、「私たちは頑迷な画一性を作り上げようとする試みに抵抗し、多様な言語、文化、宗教をもとに結束を築き上げる必要がある」と強調した。>
 ローマ教皇の今回の米国訪問での言動は、米国のみならず、世界的に大きな影響を与えるものと思われる。
 このような熱烈な歓迎を受けられた背景には、今年の6月18日にローマ教皇が発表された”環境回勅”の影響が大きいのではないかと思う。この回勅はこれまで”人間中心義”に傾いていたカトリック教会が”自然重視、自然との調和”に方針を転換するもので、生長の家が目指す方向と一致している。この回勅について生長の家総裁:谷口雅宣先生はブログ「唐松模様」に詳しく書かれているので是非、拝読していただきたいと思う。。
 世界の宗教は結束して地球環境問題に取り組み、世界平和実現に向かって動き出す、その兆しが見えてきたように感じ、大変喜ばしく思うとともに、私も、微力ながら生長の家の活動を通して世界平和実現のために貢献して行きたいと思う。
(写真はダリアの生け花です)
Dscn9820
Dscn9819_3
Dscn9818_2
Dscn9813
Dscn9811_2

« 住めば都 | トップページ

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1354231/61838593

この記事へのトラックバック一覧です: ローマ教皇の訪米:

« 住めば都 | トップページ

フォト
無料ブログはココログ